脱毛後のケア・自己処理に注意!【入浴・運動・飲酒等】

ズバリ!家庭用脱毛器格付けランキング 【2016年度版】

脱毛後のケア・注意すべきこと 【入浴・自己処理・飲酒等】

家庭用脱毛器で脱毛した直後には、気をつけなければいけないことがあります。

 

以下のことは脱毛器に限らず、エステサロンでの脱毛を行った際にも同じです。
きちんと確認しておきましょう。

 

 

湯舟に浸からない (熱い入浴は厳禁!)

 

脱毛直後のお肌部分は強い光を受け、一種の熱を持っている状態になります。

(海水浴場などで強い日差しを浴びて、お肌が火照っているような状態に近い感じです)

 

その為、脱毛部位のクールダウン(とにかく冷やす!)が必要です。

 

体温を上昇させるような入浴(お風呂)は控えるようにしましょう。(冷水シャワーでサッとがBEST。翌日の入浴は可能です。)
特に熱いお湯だけは厳禁です。脱毛後の敏感な肌にかなり負担がかかってしまいます。

 

脱毛をした部位を洗う際には手の平でやさしく洗うようにして、強くこすったりしないようにする工夫が必要です。

 

また、冷たいタオル(濡れたタオルを冷蔵庫で冷やす)を当てる、冷却ジェルを塗ったりするのも有効です。
とにかく温めない!ということが重要になってきます。

 

 

なるべくスポーツ、飲酒(アルコール)も控える

 

上記の入浴と同じ理由で、やはり脱毛直後は体温を上昇させるようなスポーツ(運動)、アルコール等も極力控えるべきです。

 

なぜなら血行が良くなりすぎて、脱毛後にかゆみや赤みなどの肌トラブルを起こすことがあるからです。

 

その程度のことなら・・と思いがちですが、そうもいきません。
次回の脱毛の際に痛みを感じやすくなってしまった場合、結果、出力を低くせざるおえなくなり、脱毛効果が下がってしまう・・という悪循環に陥ってしまいます。

 

結果的にとはいえ、脱毛効果が下がってしまうのはイヤですよね。ということで、なるべく運動・アルコールは極力控えるようにしましょう。

 

 

なるべく紫外線は避ける。日焼け止めも有効

 

脱毛直後のお肌はとてもデリケートになっているため、紫外線はとても刺激が強く、肌にシミができる原因になってしまいます。

 

綺麗に脱毛をすることができても、肌にシミができてしまっては意味がありませんよね。
脱毛直後の肌にはなるべく日焼けをしないように、紫外線を避ける工夫が必要になってきます。日焼け止めを使用してお肌を保護するのも有効です。

 

なお、一例として日が暮れてから脱毛を行うような習慣にすると良いです。脱毛後に紫外線を浴びる心配が自然となくなりますよ♪

 

 

極力、肌を傷つけないように自己処理を。化粧も薄く

 

脱毛後のお肌には、軽く光のダメージが残っていて少しデリケートな状態になってます。
カミソリでの自己処理だと刺激が強すぎますし、肌が荒れてしまうので次回以降の脱毛効果に影響がでる場合がありますので、控えましょう。

 

できれば電気シェーバーのような肌にやさしい器具で自己処理をすると良いです。
角質を痛めずに処理できますし、脱毛効果も高くなります。

 

なお、毛抜きは次回の脱毛時に反応する毛がなくなってしまうためNGです。脱毛の仕組み上、効果がかなり落ちてしまいます。 

 

化粧もしないのがBESTですが、したい場合は軽くファンデする程度に抑えておきましょう。

 

 

消臭(制汗)スプレーを使用しない。

 

製品によっては、消臭スプレー内に含まれる白い成分が肌と反発したり脱毛の妨げになるケースがあります。

 

脱毛直後、2,3時間の間はなるべく消臭スプレーの仕様は控えましょう。

 

 

 

 

 

以上です。

 

家庭用脱毛器は自宅で手軽に脱毛でき、とても便利ですが、使用後のケアを怠ってしまったり日焼けをしてしまったりしては逆効果です。

 

上記のことをしっかり踏まえながら、毎回脱毛後のケアはきちんと行って、ムダ毛のないすべすべなお肌になれるように気をつけてみてください(^o^)