家庭用脱毛器の種類と特徴。断然フラッシュタイプがおすすめ

ズバリ!家庭用脱毛器格付けランキング 【2016年度版】

家庭用脱毛器の種類と特徴

 

エステサロンに足を運ばずに自宅で脱毛ができる家庭用脱毛器は、現在とても人気を集めています。様々な企業から家庭用脱毛器が開発され、その脱毛方法も様々です。

 

どういった脱毛器が良いのか、どのようなタイプの脱毛器があるのか、購入するのも迷ってしまいますよね。
そこで、どういったタイプの家庭用脱毛器があり、どういった特徴があるのか紹介していきましょう。

 

 

フラッシュタイプ おすすめ

IPL(インテンスパルスライト)という光のエネルギーを利用したものをフラッシュ脱毛器といいます。レーザーによる光とは違って、カメラのフラッシュライトのように一瞬の照射による光を放ちます。

 

それにより、肌表面の温度を上げることなく、毛根のみに光エネルギーを照射が可能な脱毛器です。肌への負担を最小限に抑えることができ、肌にやさしい脱毛方法と言えます。

 

レーザータイプの脱毛器と同じように、フラッシュタイプの脱毛器を使用すればするほど、根元からムダ毛がはえてこなくなります。

 

また広範囲かつしっかり根元からの脱毛が可能なので、脱毛効果は抜群です。家庭用で代表的なものは「ケノン」「センスエピ」になります。

 

 

 

レーザー・高周波タイプ

エステサロンなどで使用されている脱毛器は、このレーザー・高周波タイプのものが一般的です。エステなどで使われている脱毛器を、家庭用電力に合わせて改良されたものがレーザータイプの脱毛器です。

 

レーザー・高周波の家庭用脱毛器は、フラッシュ脱毛タイプと同じく、使用すればするほど根元からムダ毛が少なくなっていきます。 また、狭い範囲での一箇所一箇所の脱毛効果は比較的高めなので、元々毛がかなり太い・頑固な体質の方には向いている脱毛機といえます。

 

ただし、痛みが強く照射範囲が狭いので処理に時間が掛かってしまう所と、家庭用のものは安全面を考えてエステサロンの脱毛器よりもかなりパワーが弱く設定されているということもあり、あまり効果を感じないものもあります。

 

家庭用で代表的なものは「トリア」になります。

 

 

 

シェーバータイプ

シェーバータイプは、簡単にいえば毛を剃るタイプの家庭用脱毛器です。カミソリが細かく振動しながら毛を剃っていくため、電動カミソリとも呼ばれます。

 

一般的なT字のカミソリなどは、皮膚表面を削ってしまったり、肌を傷つけて血が出てしまうという経験をした方も多いと思います。ですが、このシェーバータイプの脱毛器はカミソリが細かく振動しムダ毛を処理してくれるので、力を入れることなく簡単に処理でき、安全面でも深そり防止のためにガードがついているものが多いため安全性が高いのが特徴です。

 

ただし、フラッシュやレーザータイプの家庭用脱毛器と違い「毛を剃るだけ」なので、何回使用しても毛が伸び続けるため継続的に処理をしていく必要があります。

 

 

 

抜くタイプ

電動のローラーがついていて、そこに毛を絡めて処理していきます。毛を絡めて抜いていくため、一定の長さがないとローラーに絡め取ることができず処理しきれなかったりすることもあります。

 

だからといって、長く伸ばしすぎても処理できないということもあるようです。他のタイプの脱毛器に比べると、安く手に入るのは魅力的なのですが、痛みを感じるものもあるため、購入の際には注意が必要です。